トップ > 企画展一覧 > 筆の世界に遊ぶ文化人たち 2014

『筆は、時空を超えて、心を伝える
 コミュニケーションツールである』

という俳優石坂浩二、熊野町長など発起人の呼び掛けに賛同した文化人36名の書画作品や筆へのメッセージ、使用筆など約120点を紹介します。
5回目となる本展には新たに9名の賛同者を迎えることが出来ました。テレビやメディアで活躍している文化人たちの一面を是非ご覧ください。

開催概要
会 場
筆の里工房
〒731-4293 広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
TEL:082-855-3010   FAX:082-855-3011
入館料
大人600円/小中高生250円 (20名以上の団体は2割引)/幼児、PAL会員無料
開館時間
午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合翌日)
主 催
一般財団法人筆の里振興事業団 中国新聞社 中国放送
協 力
広島電鉄株式会社 呉信用金庫 広島県信用組合
関連イベント

ワークショップ ダンボールアート4/12(土) 13:00〜15:00

小さな壁飾りを作ります。
参加費/300円(要申込、要入館料)
講師/松村卓志(美術研究員)

ギャラリートーク3/30(日)・4/6(日) 14:00〜15:00

展覧会開催までのエピソードや作品解説(一部)のほか、筆の歴史や熊野筆の紹介をします。
聴講無料(申込不要、要入館料)

ふでりんウィーク5/3(土祝)〜5/6(火振)

5月5日(月・祝)こどもの日は小中学生の入館料無料
5月4日(日)に熊野町観光大使ふでりんが6歳になります。
楽しいイベント盛りだくさんで、みなさんのご来館をお待ちしています。