今月の工房 展示スケジュール 作品募集 アートスクウェア教室 アクセスガイド
展示スケジュール
※内容等については予告なく変更する場合があります。
 

2014

3月

4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
企画展
 
H26/3/28(金)〜5/25(日)
石坂浩二などの発起に賛同した、各界の第一線で活躍している歌手、俳優、タレント、漫画家の筆を使った書画作品、筆へのメッセ―ジを紹介します。今回は新たに浅野忠信氏、車だん吉氏が加わった36人の作品120点を紹介します。
写真左:八代亜紀「雷神図」
写真右:八代亜紀「風神図」
平成26年度市町村立美術館活性化事業
第15回共同巡回展
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵作品による
猪熊弦一郎展
〜どんなことをしても僕なんだ
H26/5/30(金)〜7/6(日)
猪熊弦一郎(いのくまげんいちろう・1902−1993)は、東京美術学校で学び、フランス滞在中にマチスに学びました。作風は一人の画家とは思えないほど多様ですが、その根底には一貫して「絵として美しいこと」への追求がありました。技法やジャンルを越えた猪熊の「美しいこと」の表現へのたゆまぬ取り組みを紹介します。
やなせたかしワールド
〜みんな大好きアンパンマン
H26/7/19(土)〜9/7(日)
アンパンマンなどの漫画だけでなく多方面で活躍、多くの功績を残し、昨年94歳で逝去したやなせたかし(1919-2013)。時代を超えて子どもたちに支持され続けるアンパンマンの魅力と、やなせが作品に込めた想いを、水彩画、原画、アニメーション、詩とメルヘン、書などの作品を通じて改めて紹介し、やなせの60年にわたる画業を振り返り紹介します。
開館20周年記念特別展
〜日本の書と筆の宇宙
H26/9/20(土)〜11/3(月・祝)
※入館料が特別料金となります。
大人:800円 小中高生:250円
開館20周年を記念して開催する日本の書と筆をテーマにした展覧会。日本で文字が書かれはじめ、書の文化がさまざまに広がりを見せていく中で、筆も変化しながら書や文字文化を支えてきました。人々の生活とともにあった筆の姿を東京国立博物館などが所蔵する国宝、重要文化財を含む日本の書の作品を通して紹介します 。
藤原佐理筆書状「頭弁帖」
ふくやま書道美術館蔵(重要美術品)
同時開催
 
 
 
 
 
 
 
copyright